« 【小説】メモリーを消すまで Ⅰ | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME~準備編~ »

2016年4月29日 (金)

【単行本】カゲロウデイズ(8)

ブログを書くときはいつも読んでから2、3日経っていることが多いので、いつも「あれ、私何を書きたかったんだろう」と思いつつ書いております。やはりリアルタイムの臨場感を求めるならTwitterなのでしょう。



さて、本日はカゲロウデイズのコミック8巻のレビューです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
表紙はキド&カノ。
カノの表情で、シリアスなのかほのぼのなのか判別つく気がしますねw
今回はシリアス一直線です。






前回は「シニガミレコード」
アヤノ(らしき少女)がヒビヤにカゲロウデイズの真実を語るところです。小説も読んだしメカアクも見たし、よく知った話のはずなのに何回読んでも悲しくなる(;_;)
メデューサと人間の恋か…こういうの、何と言うのでしょうかね。異類婚姻譚?笑
ずっと何となくでもやもやしていた部分をアヤノさんがかなり解説してくれてありがたいです。笑



そして物語は不穏な空気に突入します。
メカクシ団が右往左往するパートは「チルドレンレコード」の題名がついてます。うん、ぴったり。



まず、シンタローがヒビヤとアヤノに遭遇。
(時間軸というか、この世界の誰と誰が知り合いなのか混乱してくる…)
ここで、シンタローとアヤノが「初対面」のように話すのですが、これが違和感しかなかった。なぜ!シンタローにとっては大事な大事な恋人…もとい、親友なのではないのですか…この世界はもともとアヤノがいない前提の世界だからってことなのか?うーん、設定がいまいち掴めない!






モモはエネとヒヨリを探しますが一向に見つからず。
そして、途中でコノハを見かけたエネは彼を追います。エネにはコノハ(というか遥)の記憶があるんですよね。こんがらがる…


一方、メカクシ団アジトには、キドの帰りを待つカノ、セト、マリーが。
「カノはキドのこと嫌いなの?」って無邪気に聞くマリーと、慌てるカノ可愛いですね。居心地悪くなったカノはキドを探しに外に出ます。







マリーは、カゲロウデイズの原因の一端が自分にあると気付いているんでしょうか。
そういえばこの世界ではマリーとアヤノは知り合いだったんだよね。空想フォレスト回でマリーを迎えるアヤノが描かれてましたね。忘れてたよ…。



カノはキドを探すうちに、コノハとコノハを追ってきたモモ&エネに遭遇。カノとモモ険悪だなあ…如月アテンションあたりのカノ&モモと雰囲気違いすぎですね。



そして、アヤノが言っていた「最悪の事態」を、カノたちは目のあたりにすることになります。
「目が冴える蛇」がヒヨリに取り憑き、キドを刺している…









ええええ!!
キド((((;゚Д゚)))))))




うわ待って、脳の処理能力追いつきません。
ヒヨリがこんな形でカムバックしてくるとは…
ヒヨリってカゲプロのメインテーマで出てくる割には影薄いキャラって印象だったけど、これはやばいです。



泣き喚くでもなく、ただ淡々と周りに指示をするカノ。
本当は誰よりも泣きたいだろうに…
しかし、コミックはキド&カノ推しで嬉しいです♡小説はアヤノを思うカノが強調されていたからなあ。






キドをコノハに任せ、カノはショックで気を失ったモモをシンタローの元へ連れていくため、エネを頼ります。その道中、カノは自分たちと化け物との因縁を語るのでした。


ここから「夜咄ディセイブ」。
カノ視点で孤児院組の過去が描かれ、三人の出会いから楯山家に引き取られるまでの話が収録されています。小説でも好きなところでした。
このあとが切ないんですよね…でも、この巻なんてもはや私が知ってるカゲロウデイズではないので、私が知っているものとは全く違う別の話が繰り広げられていても驚きませんが。



幼少キド可愛いよー!
分かりやすくツンデレで好きです。
どうやら、私はロングよりこざっぱりショートヘアが好きらしい。千野さんといい。







メディアで全く流れが違うから、読んでも新しい発見があって飽きません。あとカゲプロの話の度に思いますが登場キャラクターが好きです。
最近またカゲプロ楽曲を良く聞くのですが、やはり個人的ツボな曲だらけです。センスが溢れてる。
映画化という噂もあるので、ますます楽しみです*\(^o^)/*

« 【小説】メモリーを消すまで Ⅰ | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME~準備編~ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2298221/65217953

この記事へのトラックバック一覧です: 【単行本】カゲロウデイズ(8):

« 【小説】メモリーを消すまで Ⅰ | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME~準備編~ »