« 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME~準備編~ | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME 試合後半 »

2016年5月 8日 (日)

【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME 試合前半

はい、前回に続きまして「黒子のバスケ EXTRA GAME」の感想です。

いよいよ試合に移ります…!!


と、その前に、前回すっ飛ばした相手チーム、ジャバウォックのメンバーについて簡単に触れておきたいと思います。


要注意人物は二人。
一人はジェイソン・シルバー、いかにもゲスっぽい感じの黒人選手。
最強の身体能力を持った怪物級の天才。しかし粗悪で女好きで練習嫌い…うわあ…なんか青峰っぽいw
印象は、洛山の根武谷をもっとゴツくした感じですね。





青峰より速くて火神より跳んで紫原よりパワーがある…
うわ、そりゃ確かに怪物だわな…


もう一人はリーダー、ナッシュ・ゴールド・Jr。
オールラウンダーで変幻自在なトリックプレーが特徴の通称「魔術師(マジシャン)」ですが、謎も多く本当の実力は計り知れません。この人については後々明らかになっていきます。



ていうか今気付いた…敵側にも色のつく名字をあてがってたんですね(遅)


他のメンバーは名前が明かされませんでしたが、どいつもこいつも化物級らしいです。


さあ、そんな怪物たちとの試合、いよいよTip off!


VORPAL SWORDSのスタメンは、赤司、黄瀬、緑間、青峰、紫原。順当にキセキ5人です。


開始すぐ赤司→青峰の速攻が決まり得点。
その後も、舐めてかかるジャバウォックをキセキたちが翻弄し、順調に得点を重ねていきます。
青峰と真ちゃんが絶好調ですね。真ちゃん、万に一つも落ちるものか…って、ボールの軌道といい本当に化け物だよ…w
あと、ここまでエースっぽい青峰久々に見たので、新鮮。笑




青峰の速攻が決まり先取点。


ストバス育ちはこっちにもいるんだぜ。


むっくんが吹っ飛ばす!


絶好調真ちゃん。


そんなこんなで第1Qは20-16で、VS(面倒くさいので省略)がリード。
しかし、流石本場アメリカのプレイヤーたち、要所要所でしっかり決めてくるため、思ったよりも点差を開けません。
さらに、第1Q終了時点でVSメンバーは既に体力をかなり消耗しており、今後に不安が過ぎります。



第2Qで、怪物ジェイソン・シルバーがついに覚醒。
あの青峰を抜き、あの紫原を吹っ飛ばす。
おまけに火神でも信じられない位置から凄まじい跳躍で両手持ちダンクシュート。







これが怪物か。
しかし、「みたかサル共!これが実力差だ!」っていう挑発がウザすぎてたまらん。



ここでVS、メンバーチェンジ。
赤司と緑間の代わりに、黒子火神の誠凛コンビが入ります。
理由はインサイド強化。シルバーとやり合ってスタミナ消耗している紫原を見ての判断でした。
「オレはまだやれる」と不平を言う紫原を赤司が諭す場面、いいなと思ってしまいましたね。帝光時代を経て、あの一年を乗り越えたからこその言葉は重みがあります。赤司が言うのだから尚更。






さあ、火神加入で反撃開始!
火神は早速ご自慢の跳躍を披露し、青峰とのダブルブロックでシルバーのシュートを阻止。
更に、負けず嫌い黒子にも火がつきます。久しぶりにミラクルパスのお披露目だ!







そう、赤司が抜けて黄瀬がPGやってるわけですが、何で即席でやれてるの。器用すぎだわ…


時々、息が合ってるのかよくわからないやり取りはあるようですが、ちゃんと機能はしているみたい( ̄▽ ̄)




火神に決められたのが悔しいらしい青峰。



火神が嫌いらしいむっくん。



黄瀬のダンクに誰か触れてあげて…!



シルバーはやはりカッとなりやすい単純な性格のようですね。WC決勝戦の葉山を思い出した…w


そんなところで第2Q終了。
シルバーは吠えていたようですが、ナッシュの一撃で黙ります。




怖え…。


後半、ナッシュのスイッチが入り、さらに過酷な試練がキセキ達に降りかかる予感…!
赤司VSナッシュに注目です!

« 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME~準備編~ | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME 試合後半 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2298221/65375445

この記事へのトラックバック一覧です: 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME 試合前半:

« 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME~準備編~ | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME 試合後半 »