« 【単行本】カゲロウデイズ(8) | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME 試合前半 »

2016年5月 6日 (金)

【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME~準備編~

どうもこんばんは。coroです。

皆様GWは如何お過ごしでしょうか?私はカレンダー通りにお仕事で、ラスト2日どう過ごすかなあ…と考えつつ結局パソコンの前でぐだぐだしております。


さて、Twitterを見て下さっている方はもしかしたらご存知かも知れませんが、
昨年9月〜今年3月の間、禁酒禁煙ならぬ「禁コミック」をしておりまして(たまに破ってたけど)、
その理由が実家の建て替えに伴うアパート生活で物を増やせない、という物理的問題だったのですが、
この度新居が建ちましたので、遂に大人買い解禁いたしました( ̄▽ ̄)





GWだからと調子に乗った結果がコレです。(これでも厳選したつもり


ふふふ。楽しみだ。




というわけで、真っ先に手を付けた「黒子のバスケ EXTRA GAME」から語って参りたいと思います!
何でこれを選んだのか…まあ特に理由はありませんがそそられたからです。



恐らくこのブログ始まって以来の長文になることが予想されましたので、

「準備編」「試合前半」「試合後半」の3パートに分けて書いていきたいと思います。



黒バス本編を知ってる前提で喋りますので、よく知らない方はwikiか何かで追ってくださいね。

あと今更ですがネタバレは自己責任ということで…。


さて、早速準備編から参りたいと思います!!



---------------------------------------------

物語は、USAで大人気のストリートバスケチーム「Jabberwock(ジャバウォック)」の日本凱旋からスタートします。
元日本代表だったリコパパ、相田景虎さんは主催側に顔が利くらしく、チケットをもらって日向とリコで親善試合の観戦に行くことに。



まだ進展してないんかい!さすが日向ヘタレw
伊月とコガの空気読み具合…
今回伊月さんの残念エピソードとダジャレがなくて残念w





誠凛の練習風景。黒子・火神は勿論ですが、降旗たちもちゃんと先輩になってるんだなあ…と思って感慨深かった。何となくここ、あひるの空を思い出すんですが私だけでしょうか。



そして、親善試合当日。
Jabberwockの相手をするのは「Strky」というバスケチーム。









…思いっきり笠松さんじゃないですか!!

今吉さんにみゃーじさんにアゴリラ…じゃなかった岡村主将に、1年前のIHやWCを賑わせた三年生組が勢揃い。皆バスケ続けてるのねヽ(;▽;)ノ



っていうか、上下巻通して思いましたが、藤巻先生、本当ファンサービス旺盛だなあ。分かってらっしゃる。


それにしても、笠松さんと今吉さんって二人ともPGじゃないですか、どちらかがポジションチェンジしたのか…?
紙面を見る限り笠松さんはPGやってるから今吉さんがチェンジしたんでしょう。



しかし、周囲の盛り上がりとは裏腹に、試合内容は散々なもの。






ジャパウォックは完全にStrkyを見下すようなプレーばかりを繰り返し、挙句の果てにはこうです。









紙面下のバスケメンバーたちの怒り露わにした顔が…凄い。
高尾や良くんやレオ姉のこんな顔、絶対普通見られませんよね…レアだ…(そこじゃない)



うわあ……
なんでこんな奴等連れてきちゃったんだよ。。。


お通夜状態の会場や視聴者の前に現れたのは、黙っていられなかった景虎師匠。
この舐めた五人組に一泡吹かせるため、一週間後にリベンジマッチを開催する宣言をします。



そして、リベンジの為に召集されたのは他でもない、キセキの世代+黒子と火神。
一度限りのドリームチーム、「vorpal swords」の結成です‼︎







見開きって実際に読んでいるときは物凄い迫力なんですが、いかんせん写真が撮りづらくて全然伝わってこないですね\(^o^)/



このVORPAL SWORDS、どういう意味なのかと思って教養のない私は調べたわけなんですが、同じような人が大勢いたらしく既に沢山の記事が出ておりました。


そもそもJabberwockというのは、ルイス・キャロル「鏡の国のアリス」に出てくる怪物の名前で、それを倒した剣が文中で「VORPAL SWORD」と表現されているらしい。
(らしいじゃねえよ常識だよ、と言われることは百も承知で…すみません)
つまり「Jabberwockを倒す為のチーム」という意味が込められているんですね。
なんと挑発的なネーミング…!!景虎さんらしい。



VORPAL SWORDSのサポートメンバー。
まず監督兼コーチは景虎さんご自身。


アシスタントコーチ&マネージャー。




なんかリコと桃井ちゃんが普通に並んでいるの、違和感あるよね…笑





ベンチメンバー。
日向(SG)、高尾(PG)、若松(C)。
アクの強いキセキ達のバランサーとなれそうな人選とのこと。
PFは火神と青峰で充分だし、黒子はパス回しが武器だからポジション的にはSFの位置くらいだし、ってことでしょうかね。
うん、ありだと思います。ここに来て若松さんフィーチャーされてて好き。笑




スカウティングの場面、皆のキャラが出過ぎてて面白かったねww


あからさまにテンションあがっているこのお二方と、ダルそうなむっくん。








冷静沈着赤司様。











通常運転の真ちゃん。こういう自身の才能にあぐらをかかないところ、好きですけどね。





キメようとしていつも決まらない黄瀬。
残念イケメンだなあ…本当に。。












そしていよいよ本番を迎えることになるわけですが、



まさかの事件発生。














黒子がいない。








黄瀬と火神は、過去に黒子がやらかしたとある出来事を思い出します。
曲がったことが嫌いな黒子さん、向こう見ずに不良に突っかかったことがありました。
まだキセキが黄瀬しか登場してない頃だから、相当序盤の話ですよね、あれ。
絵柄がびっくりするくらい今と違うね(笑)






案の定、景虎さんにくっついて六本木に乗り込み、Jabberwockたちにモノ申しておりました。拙い英語で。







いや黒子っちのそういう無謀ともいえる勇猛果敢なところ大好きですけどね?
周りはたまったもんじゃないですよね…w


律儀に後を追うキセキ達、仲いいなあ(・ω・)あと火神がこの中に混ざっても全く違和感ないね。







蹴飛ばされて怪我を負う黒子の前に、キセキ+火神が登場します。
相変わらず舐めた口を聞くクソガキ共(注:Jabberwock)に対する赤司の返しがヤバい。








「黙れ下衆が お前達こそ首を洗って待っていろ
明日は地べたを舐めさせてやる」



赤司、きっと流暢な英語かつ汚いスラングで罵っているんでしょうね。
うわーすごいなー笑
この手の王様発言をさせるなら赤司様の右に出る者はおりませんね。



というわけで次よりいよいよ日本バスケ界の威信を懸けた戦いが始まります!
準備編は一旦このへんで。
続きはまた、近いうちにアップさせて頂きます( *`ω´)

« 【単行本】カゲロウデイズ(8) | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME 試合前半 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2298221/65360908

この記事へのトラックバック一覧です: 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME~準備編~:

« 【単行本】カゲロウデイズ(8) | トップページ | 【単行本】黒子のバスケ EXTRA GAME 試合前半 »