« 【コミカライズ】ヘイセイプロジェクト〜イミテーション・ヒーロー〜(1)-(2) | トップページ | 【雑記】覆面系ノイズが最高すぎて止まらない件について »

2017年5月28日 (日)

【小説】電撃文庫2作品紹介

こんばんは。
カゲプロは後回しにして、今日は電撃文庫2作品の紹介です!



私も会社員しながら趣味として物書きをしてたりするんですが、この2作品を読んだ後「こんな面白いもの作れる人がいるんだ・・・」という、響の圧倒的な才能を前に絶望するリカ先輩みたいな状態になっているので(by「響~小説家になる方法~」)
書店で手に取ってこの衝撃を皆様にも味わって貰いたい、と思いつつ書いております。
2作品とも若い作家による作品なので、今後電撃文庫を盛り上げていく存在になるのかなあ・・・と勝手にわくわくしています。
自分より若い人たちが活躍するのを見ると、嬉しく思う反面自分の歳を実感してしまいますね。はあ。。。



では、早速本文へ。


■ただ、それだけでよかったんです/松村涼哉








第22回電撃小説大賞受賞作。
とある中学校で、クラスの中心にいた人気者の優等生、岸谷昌也が自殺した。
彼の遺書から推察するに、昌也は菅原拓というクラスメイトに虐めを受けていたようだ。しかし、菅原が昌也を虐めている場面を誰も目撃したことがないうえに、菅原はクラスでも目立たない地味な少年で、人気者の昌也を虐めるような人物には到底思えなかった。
昌也の姉である岸谷香苗は、彼の死の真実を探るために動き始める。
そして、菅原の思惑とは、彼がしたかった「革命」とは、いったい何だったのかーー。


というのが作品の概要です。
最初は香苗メインでストーリーが進んでいき、次第に当事者である菅原目線の独白が織り交ぜられ、最終局面へ進んでいきます。
菅原の謎の行動と若干の気味悪さが、物語を混乱させ複雑化させるけど、最終的にはちゃんと紐解かれ、昌也の死の謎も明らかになっていきます。
とても面白かったです。うん、陳腐な感想しか出てこないんだけど、キャラクターの描写力(っていうのか?)、ストーリーや文章構成が素晴らしいと思う。観察力のある人しか書けない文章。割と本気で才能に嫉妬しました。



■キリングメンバー~遥か彼方と冬の音~/秋月陽澄








「ただ、それだけで~」が自殺の話なら、この話は殺人がテーマの話です。
四瞳学園理事長のであり同学の生徒である桜井夏希が、校内で何者かに殺害された。当日欠席していた遠藤彼方は、親友の山崎快斗から話を聞かされ、不謹慎ながらも興味を抱く。
ある日彼方は、交際相手である久保詩織と下校中、事件を捜査中の刑事・山本観月に接触する。そこから事態は悪化の一途を辿り、学園では謎の不審死が相次ぎーー

登場人物たちが隠し持つ異常性。話が進むにつれ明らかになる、六年前に起きたとある凶悪事件との関連性。そして、夏希を殺害した犯人の意外な正体と、全ての事件に関係するとある人物に隠された秘密とはーーー





作品の紹介文に「これは、謎を解き、犯人を暴く物語ーーーではない。」と明記されていますが、正確に言うと「だけではない」というのが正しいかもしれません。犯人は暴かれるしね。
詳しく全キャラクター解説して長文をしたためたいところだけど、やめます。
もう登場人物ほぼ全員サイコパスなんじゃないか?ってくらいのぶっ飛びぶりです。ぶっ壊れた人物を生き生き描写できる人って本当に凄い・・・と思う。
最後に明らかになった真実は割と斜め上を行くものでしたが!w
唯一、人として大分まともな感性を持っていると思われる快斗の存在が救いですね。




以上でございます!
携帯がパケ死寸前のため、最近は本読んだり書き物したりで日々過ごしてます。次こそカゲプロになるかな?

« 【コミカライズ】ヘイセイプロジェクト〜イミテーション・ヒーロー〜(1)-(2) | トップページ | 【雑記】覆面系ノイズが最高すぎて止まらない件について »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2298221/70691048

この記事へのトラックバック一覧です: 【小説】電撃文庫2作品紹介:

« 【コミカライズ】ヘイセイプロジェクト〜イミテーション・ヒーロー〜(1)-(2) | トップページ | 【雑記】覆面系ノイズが最高すぎて止まらない件について »