« 【完結記念】【単行本】変則系クアドラングル(4)-(5) | トップページ | 書きだめ感想放出★20170514 »

2017年5月 7日 (日)

【単行本】【完結記念】クズの本懐(8)そのほか

完全にもろもろ一か月後となっておりますが。


「クズの本懐」最終巻のレビューです✨


結局まともに全巻感想書けずに終わってしまいましたけれども。
花火たちの行く末を見届けられて良かったです。
わかりやすいハッピーエンドではないけれど、納得感のある幕引きだったのではないかと思います。


「何、この漫画に出てくる人まともな人いなさすぎるwwwクズwww」
と、思ってましたが、最後はなんかみんな好きになっていたよね。



事細かに内容を追っていく作品ではないかな、と思うのでテーマ形式で(`・ω・´)



今回は本格的にネタバレ注意ですよ



□最終8巻の内容について
すごく簡単に暴力的にまとめると、「茜と鳴海が結ばれて結婚を決め、それぞれ失恋した花火と麦は慰め合おうとするけど、結局お互いを求めることはせず、前を向いて歩くことに決める」っていうのがこの物語の結末だったわけですが、
この終わり方をするとは正直思っていなかったかな…。まあ、良く考えたら7巻で予兆はあったか。茜が変わろうとするとはぶっちゃけ思ってなかったので意外でした、、、
でも、ここで「花火と麦がくっつく」終わりにならなかったのは、少し希望が持てるというか、底なし沼にハマらなくて良かったなあと思ってます。
最後の描き方は切なかった…





□キャラクターについて
前回のクアドラングルみたいに、一人ずつコメントつけていきます。

①花火
ここまで読み始めた当初と最後まで読んだ後で好感度の180度変わるヒロインも珍しいんじゃないでしょうか。
「興味のない人から向けられる好意ほど、気持ちの悪いものってないでしょう?」っていう、一巻の台詞の印象の強烈さにやられてましたが、あまりにお兄ちゃんが好きすぎて、不器用に生きてるんだなあっていう印象に変わってきました。名のごとく花火みたいな、華やかさと儚さを併せ持ったキャラクターだなあと思います。刹那的というかね。危なっかしい。
花火の目の色が好きです。最後のほうで麦に言う「あやまんなバーカ。」が最高。





②麦
メインキャラクターだったはずなのに、(というかクレジット順だったら二番目だよね?)
印象が薄いまま終わってしまったような。輪郭がぼやけたキャラというか。彼だけ、色がない感じするんですよね…(この感覚的な文字羅列だけで分かってくれる方いるのだろうか)
クズ度でいえば、最初は花火と同等レベルだったのにいつの間にか花火を凌駕したクズ具合だった気がしますね。潔く告白して散った花火と比較して、麦と茜のその後の流れがもう…。






③鳴海
この作品の唯一のオアシスでした。最後の砦といいますか。鳴海の真っ直ぐさというか、ある意味空気読めないレベルの純粋無垢さ?が茜を動かしたんだろうなあ、と。本当は茜となんかくっついてほしくなかったよー。でも、幸せならいいか。






④茜
いや、もうね?言葉が見つからないレベルのクズですよね。ていうか人間として駄目?彼女に関しては、言動すべてが何一つ共感出来なかったので、彼女のモノローグが出てくるたびに舌打ちするレベルでしたねー←
それゆえ、本来の人物像を掴むのも難しかったな。まあなかなか実在しないでしょうが、実在したら絶対お近づきになりたくないですね。
「何で私なんかのこと好きなの?」ってボロボロ涙流すシーンが一番好きでした。





⑤早苗
最初出てきたときはモブキャラだと勝手に思ってたので、その後こんなにクローズアップされるとは予想外でしたw
えっちゃんみたいな綺麗なお姉様が百合ってるというのもギャップで良かったよね。しかし花火とえっちゃんがいちゃいちゃしてるシーンは、しんど過ぎて見てられなかったよ…。





⑥モカ
この作品のアクセントになる存在だなあ、と思う。メイン筋にもちゃんと関わっては来るんだけど、彼女はあくまで別軸な感じありますね。モヤがかったこの話の未来を晴らしたのは彼女なんじゃないかなあ。って。
ファンブック掲載のおまけ漫画に出てくるモカの台詞が大好き。茜に「あなたが好きなのは自分だけだから」と切り捨てるの、スカッとして素敵です。






⑦その他
まとめちゃって申し訳ないけどまとめさせてもらいます!w
個人的に好きなのは、メガネかけた男子クラスメイト(モブ)。花火LOVEな男子を諭してるほうの。
あと芽衣先輩は割と好きだったかもしれない。









□横槍メンゴ、ときどき、ヨリ
いーあるふぁんくらぶの絵師さんとメンゴ先生が最近まで全く結びついてなくて、知った時は衝撃でした。
メンゴ先生の絵好き。
非公開ネームもたくさん見られて嬉しかったです😍
あと、椎名もたさんとの対談がとても良かったです…。今更だけど、ご冥福をお祈りします。








□君は淫らな僕の女王
メンゴ先生ついでに感想をサラっと。
プロットはメンゴ先生ではないのですが、全く違和感がなかったですねw レトルトパウチに通ずる何かがありました。
あそこまでコメディタッチだと思ってなかったですが…笑







小説版も、買おうか考え中です。
絵ももちろんですが、言葉選びが好きだったのです。
素敵な作品をありがとうございました✨



読むスピードに書くスピードが追いつかないので、次書くものは宣言しないでおきます笑

« 【完結記念】【単行本】変則系クアドラングル(4)-(5) | トップページ | 書きだめ感想放出★20170514 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2298221/70495256

この記事へのトラックバック一覧です: 【単行本】【完結記念】クズの本懐(8)そのほか:

« 【完結記念】【単行本】変則系クアドラングル(4)-(5) | トップページ | 書きだめ感想放出★20170514 »